トラネキサム酸 サプリ

シミや肝斑に効く美白有効成分のトラネキサム酸がサプリに配合されていれば、副作用の心配もなく気軽に摂取できますよね。しかし、トラネキサム酸はサプリには配合されていないのです…
MENU

トラネキサム酸のサプリは売っていない?どうやって摂取すればいいの?

美白有効成分のトラネキサム酸はサプリにはないって本当でしょうか?

 

人工合成アミノ酸の一種で、シミや肝斑、くすみの原因であるメラニンを抑えることで、効率的に美白効果を得ることができる美白有効成分のトラネキサム酸がサプリにあれば、手軽に体の内側から美白ケアできるのに、なぜサプリで販売されていないのか気になりますよね。

 

トラネキサム酸の摂取方法をお教えします!

 

 

<トラネキサム酸のサプリはなぜないの?>

 

サプリなら医薬品のように副作用の心配をあまり気にしなくてもいいですし、日常的に気軽に摂取できるのに、なぜトラネキサム酸のサプリは売られていないのでしょうか?

 

トラネキサム酸はもともと止血剤に使用されている医療でも用いられている医薬品です。

 

その後、肝斑やシミにも効果があることが分かり、肝斑治療薬として皮膚科で処方されるようになりました。

 

医薬品に分類されているということは科学的にも効果の有効性が認められていることです。

 

サプリは逆に言えば、成分の含有量は曖昧ですし、臨床試験も行わなくてもいいのです。

 

また、サプリに分類するようにトラネキサム酸を配合するにしても、トラネキサム酸の美白有効成分が強すぎて、サプリの規定濃度よりも超えてしまうことで、トラネキサム酸をサプリにすることはできないのですね。

 

逆を言えば医薬品に分類されているトラネキサム酸は、美白サプリに比べて効果は科学的にも証明されており、実感力も高いということです。

 

 

<トラネキサム酸に副作用はないの?>

 

サプリに比べて効果が強いことは実証済みなのは分かりますが、その反面気になるのが副作用の危険性ですよね。

 

医薬品に分類されていることは効果が認められている分、副作用の危険性もゼロではありません。

 

かゆみや食欲不振、吐き気などに見舞われることもありますが、安全性の高い成分なので、あまり意識しすぎなくても大丈夫だとは思いますが、トラネキサム酸は血液を固まりやすくなる作用があるので、血栓ができやすくなります。

 

今まで脳梗塞や動脈硬化、腎臓病などの病歴がある場合だと、再発させてしまう可能性があるので、トラネキサム酸を摂取する前に必ず医師に相談しましょう。

 

また、妊娠中や授乳中にはトラネキサム酸の摂取は絶対にNGなので気をつけてくださいね。

 

もしトラネキサム酸のサプリがあったとしても、体内に摂取するのであれば副作用の危険性は付き物です。

 

サプリではなく、内服薬としてトラネキサム酸を飲むには多少なりともリスクがありますよね。

 

シミや肝斑、そばかすを消すためにトラネキサム酸を摂取し始めたのに、病気を引き起こす危険性があるのであれば、いくら美白効果が強くても、やっぱり怖いですよね…

 

それならば、まずはいきなり内服薬から始める前に、安全性の高いトラネキサム酸配合の化粧品から始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

<サプリより医薬品より安全?トラネキサム酸配合の化粧品でも効果はあるの?>

 

内服薬の副作用が気になるなら、安全なトラネキサム酸配合の化粧品から使ってみてはいかがでしょうか?

 

トラネキサム酸配合であれば副作用のリスクは変わらないのでは?と思われる方もいると思いますが、化粧品で副作用がでる可能性はほぼないので、安心して使うことができます。

 

また、今までの化粧品とシフトするだけなので、トラネキサム酸配合の化粧品ならば、シミや肝斑に効くだけでなく、わざわざ別に薬を買いに行かなくていいので楽ですよね。

 

最近ではその美白効果の高さからトラネキサム酸配合の化粧品が少しずつ増えているので、サプリで飲むことはできませんが、同じように気軽に始められる化粧品から美白ケアを行っていきましょう!

 

>>ブライトエイジ(アイム)のトライアルセットは薬局で買える?

このページの先頭へ