トラネキサム酸 副作用

肝斑やシミに効果的な成分のトラネキサム酸には副作用の危険性はあるのでしょうか?もし副作用が出ればどのような症状が起きるのかまとめました。
MENU

トラネキサム酸には副作用があるの?肝斑も治る美白成分を調査!

美白有効成分として皮膚科でも処方されるトラネキサム酸には副作用はあるのでしょうか?

 

トラネキサム酸はもともと美容のためではなく、医療で止血をするために開発された成分です。

 

安全性も高いことから、今でも医療現場で多く使用されています。

 

内服薬だけでなく、外用薬もあり、蕁麻疹や湿疹にも効果を発揮し、今ではシミにも効果があると内服薬でも処方されるようになりました。

 

シミや肝斑の原因であるメラノサイトの働きを抑制することで、シミや肝斑を根本的に抑えることができ、その美白効果の高さから、多くの化粧品にも配合されるようになったので、名前は知っている方もいますよね。

 

しかし、基本的には安全性の高い美白成分と言われているトラネキサム酸ですが、副作用が出る可能性はゼロではありません。

 

トラネキサム酸で起こり得る副作用についてまとめました。

 

 

<トラネキサム酸による副作用【軽度】>

 

軽い副作用だと食欲不振、吐き気、胸やけ、下痢などを起こします。

 

軽度の場合はこれらの症状が出たとしてもトラネキサム酸が原因だとは分からないことが多く、大半の方はトラネキサム酸の副作用だと知ることはありません。

 

しかし、軽度の副作用であっても、長く続けば日常生活に支障をきたすので、軽度の症状であっても病院で診察してもらいましょう。

 

 

<トラネキサム酸による副作用【重度】>

 

止血剤として使われている成分なので、人によっては血栓が出来てしまう可能性があります。

 

血栓ができることで動脈硬化や脳梗塞を引き起こす危険性も。

 

しかし、トラネキサム酸を飲んだことで急に動脈硬化や脳梗塞が引き起こされるわけではなく、もともと血液関連の病歴がある方に起こりやすい症状なので、血液や腎臓の病歴がある方はトラネキサム酸配合の化粧品や内服薬を使用する前に一度医師に相談してみましょう。

 

 

<トラネキサム酸による副作用の危険性は低い>

 

トラネキサム酸の副作用を確認して、「やっぱりトラネキサム酸って危険なものでは…」と心配になった人も多いと思いますが、あくまでも副作用が出たとしたらの場合なので、トラネキサム酸の内服薬や外用薬を使用して副作用が出てしまった例はかなり少数です。

 

普通のシミとは違う肝班にも効く効果的な美白有効成分のトラネキサム酸は安全性も高いです。

 

美白効果も高く、副作用が出る危険性も低いトラネキサム酸を使用するにはどこに買いにいけばいいのでしょうか?

 

 

<皮膚科でトラネキサム酸を処方してもらおう>

 

薬局やドラッグストアでならトラネキサム酸を買えそうですが、トラネキサム酸はどこの店舗でも市販しておりません。

 

トラネキサム酸を処方してもらうには皮膚科でまず診察を受ける必要があります。

 

もし持病や病歴、その他に心配な点があれば、皮膚科に事前に連絡して、トラネキサム酸を使用できるかどうか相談してみてくださいね。

 

 

<正しく使えばシミや肝斑を治せる!>

 

どんな薬や化粧品でも使用方法が間違っていれば、効果が出ない、副作用がでる恐れがあります。

 

トラネキサム酸は安全性の高い美白成分ですが、過剰摂取など間違った飲み方をしてしまうと、副作用が出る危険性が高まります。

 

内服薬としても美白効果が高いトラネキサム酸ですが、美白化粧品にも配合されており、その効果の高さは口コミでも評判です。

 

皮膚科に通うのはハードルが高い…という方はまずはトラネキサム酸配合の化粧品から始めてみるのもいいでしょう。

 

 

何歳になっても、シミや肝斑がない透明感のある肌に憧れますよね。

 

トラネキサム酸をうまく取り入れて、美肌を目指しましょう!

 

少しでも副作用を感じたら使用は一旦中止し、医師に相談してから継続するか決めてくださいね。

 

>>ブライトエイジ(アイム)のトライアルセットは薬局で買える?

このページの先頭へ